カードローンに連帯保証人は必要ですか?

okanenaiカードローンにはキャッシングとは違った良さもあり、キャッシングには返済が滞ってしまったら不安だし抵抗があるけれどカードローンなら不安や焦りを感じないで使うことができると思っている人も多いです。カードローンはキャッシングと違って保証人が不要なローンと言われています。

基本的にカードローンは無担保・無保証人というのがカードローンの基本ですが、稀なケースで契約書に保証人不要となっているおすすめのカードローンでも保証人が求められるケースもありますので、そのときのケースバイケースで違ってきます。実際にカードローンを低金利で利用する時には連帯保証人は家族の中で誰かが連帯保証人になる人が多いようです。

例えば夫がカードローンをしなければいけなくなった場合は妻が連帯保証人になる場合があります。

逆に妻がカードローンを契約して連帯保証人を求められたら夫が連帯保証人になるケースもあります。このように家族の誰かがカードローンを契約して連帯保証人が必要になった場合はその家族が連帯保証人になることが多いです。
しかし基本的にカードローンはキャッシングと違って保証人が不要なローンと言われているので安心です。

借金の借り換えに必要なこととは?

moneyandlove借金の借り換えには審査が必要となりますが、そのために申込書類をしっかりそろえておかなければ、審査に通ることも不可能です。まず審査をしてもらうために、給料明細、身分証明書、所得証明書類、源泉徴収表などの必要書類をしっかりと揃えておきましょう。

キャッシングの借り換えで必要な身分証明書は、健康保険証、免許証や住民票の中のどれかですが、健康保険証は必要ですので用意しましょう。健康保険証は身分証明という意味以外でも借金の借り換えの必要書類ですが、これ一つで身分証明書も兼ねることができますのでかなり便利です。

また、多くの方が利用すると思うのですが、銀行系カードローンでおすすめの会社を利用するときには審査が自然と厳しくなってくるので注意しなければいけませんね。やはり銀行の場合には審査が厳しくなるのはしょうがないのかなとも思います。

借金の借り換えに必要な書類は業者によって異なりますので、具体的に何が必要になるのかということは事前に直接業者に確認する必要があります。一般的な身分証明書は上記に挙げたとおりですが、業者によっては指定がありますので注意が必要です。

借金借り換えの際に必要になる書類は、現在の総残債務を確認することができる書類で、これは審査の前に必要なのか後に必要になるのかということは業者によって異なります。残債務は審査の時点で金額と業者数は申請されておりますので、総残債務を確認することができる書類は審査で必要になるということではなく、確認の意味で必要な書類です。

参考リンク

クレジットカードの「キャッシング」と「ローン」の違いを教えてください

カテゴリー

最近の投稿